LINE@登録でイベント情報・最新記事がすぐ読めます!

初めまして。オルゴナイトワークス協会 代表理事の慶野です。

WRITER
 
1日講座 様子
この記事を書いている人 - WRITER -

初めまして、オルゴナイトワークス協会、代表理事の慶野です

当協会のブログに、ご訪問いただきありがとうございます。

 

「なんとなくやる気が起きない」

「なぜ、遠回りな人生なのだろう・・・」

「何をやってもうまくいかないな・・・」

日常で、そんなことを感じたことはありませんか?

 

SNSから流れてくる情報は、

「〇〇万円達成しました!」

「3ヶ月でInstagramフォロワー8千人!」

輝いている人を目の前にすると「なんて自分はダメなのだろう」と思って、落ち込むことありますよね。

 

私も同じでした。

 

仕事の将来が不安で仕方なかった

ブログを始めて3年目、大きな成果もなく「やる気」を失いかけていたころ、

パソコンを目の前にして「人へ何かを教えたかった、人へ何かを語りたい」と考えているときに、オルゴナイトと出会いました。

ただ、すぐにオルゴナイトに行き着いた訳ではなく、最初はUVレジン液でアクセサリーを作る講座を始めました。

しかし人は集まりませんでした。

色々と調べると、パワーストーンを入れたり、何か惹きつけられる感じのレジン作品を発見。

それが 「オルゴナイト」だったのです。

早速オルゴナイトワークショップへ参加し、「面白い!」と思ったのが作った時の感想です。

興奮冷めやらぬうちに、その歴史やどんな効果があるかなど詳しく調べることもなく「友人へ教えてみよう」とプレワークショップをしてみました。

楽しそうに作る友人たちをみて、本格的にブログから集客を始めます。

 

ブログで集客してみよう

2017年9月ワークショップオープン。

誰一人、集まりません。

 

ただ・・・

「9月には行けませんが、10月に伺います。」

問い合わせから、こんなメッセージをいただきました。

 

10月に4席中3席、生徒さんが来てくれたのです。

 

そこからオルゴナイトスクールが始まりました

ブログからお申し込みをしてくれた生徒さんは、「デザイン性に惹かれました」と口々にお話いただきました。

オルゴナイトについては生徒さんたちの方が詳しく、さらに、いつもニコニコとしてくださる方ばかりで、デザイナーとして教えることが多かったと思います。

 

そんな「へなちょこ講師」ですが、

「オルゴナイト作家として活動するには、どうしたらいいですか?」

「先生と同じように生徒さんへ教えるには、何のスキルが必要ですか?」

私を頼って質問する生徒さんが出始めたのです。

 

協会立上げのきっかけ

もしかすると、その人のつまづいている人生に手助けができるのかもしれない・・・

手助けするからには、本格的にバックアップをしたい!!

 

そう思い、一般社団法人オルゴナイトワークス協会を立ち上げました。

 

「ワクワクすることをしたい!」

 

”ワークス”と名前に入れたのは、オルゴナイトだけではなく、自己発信するブログも学べる協会にしたかったから。

 

「オルゴナイトとは関係ないんじゃない?」と思われても、仕事をする上で必要な知識だったり、経営の学びだったり、そんなコンテンツを充実させるのがこの協会のコンセプトです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オルゴナイトワークス協会 , 2018 All Rights Reserved.